ほかのブログの新着記事

ニュース速報BIPはBIPブログへ移転しました

titleicon スポンサーサイト

--/--/--
categories カテゴリ スポンサー広告

hatena はてブ | twitter つぶやかれ数 | commenticon (-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★新着記事
★トイストーリー1,2,3のブルーレイセッ
★これまでの注目記事
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:24:24.42 ID:PmsVCq7/0
セックスでもしなきゃ展開作れんのかと


2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:25:11.55 ID:NKNt6Cu50
具体的には?


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:25:54.74 ID:PmsVCq7/0
村上春樹、
遠藤周作、

村上龍…は違うか

3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:25:49.79 ID:UVj+nDwd0
じゅん あや まなぶの3Pか


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:26:45.91 ID:+GgJCZeB0
>>3
素で感心した


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:33:57.03 ID:eB8oZzTj0
>>3
ああwそういうことかww


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:26:40.01 ID:2hEoUHnS0
不倫とか


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:27:28.16 ID:fC4ai2wP0
マジレスすると
斉藤美奈子ってのが『妊娠小説』って評論で>>1と同じ事言ってる
森鴎外の舞姫とか明治の頃からそんなもん


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:30:24.06 ID:JuSFvgqjO
純文学の意味が分からない俺に三行で


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:33:48.15 ID:NKNt6Cu50
>>8
面白さより美しさにこだわった小説
と100年ぐらい前に日本で言い出された概念なんだけど、本当のところは分類不可能


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:32:56.41 ID:PnKtFlYY0
俺も純文学ってよくわからない
じゃあ不純文学ってのもあって、それはどんなのなのか


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:38:13.30 ID:PnKtFlYY0
なんか適当にググってみたけど、結構曖昧なジャンルなんだな

純文学 - Wikipedia


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:33:00.64 ID:YesjMAifO
日常を書いてるんだから、食事やセックスの描写が増えるのは当たり前


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:33:01.76 ID:IsaTKha3O
ノルウェイの森で最後におばちゃんとSEXし出したのには吹いた


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:47:08.97 ID:eEectWa7O
明治以降、印刷技術が発達。

安値でいかがわしい雑誌が巷にあふれる。

「こんな低俗なもんと俺様の文芸作品を一緒にすんなカス」と、腹を立てる文豪のセンセイ達。

大衆作品と区別するため、自分達の作品は本物の文学=「純文学」だと言い出す。

でも、はっきりとした内容や形式の定義なんて無いのよね。


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:47:52.24 ID:09dy44W50
村上はるきはなんであんなにシモを絡めたがるの?


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:50:53.26 ID:YlgeKs1Y0
>>15
だって男の子だもん


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:48:00.43 ID:/7APR6qM0
初期自然主義だろ
あーいうのは「猥褻」としてはっきり否定された
鴎外の「ヰタ・セクスアリス」嫁


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:49:15.81 ID:GbtsXy8U0
すぐセックスしないもんなんて
少年マンガ意外に思いつかないが



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:51:45.30 ID:CSDr9Yf80
>>17
SFは、しない物も多いよ


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:53:20.85 ID:PnKtFlYY0
>>20
歴史小説
SF
とかはないな
つまり明確なジャンル分けが出来るようになると、セクロスを描く意味がなくなるんじゃないか?


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:37:06.93 ID:d3NCX/HJO
>>23
司馬遼太郎はすぐセックスするよ


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:51:17.84 ID:H8uhsGHYO
源氏物語から今日の授業を始めます


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:52:10.70 ID:PnKtFlYY0
あんま関係ないけど、藤沢周平はネトラレ好きだと思うんだ


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:53:05.59 ID:PmsVCq7/0
とりあえず中年の主人公が浮気するよな


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:53:29.45 ID:v38VRrZsO
以下春樹禁止


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:58:15.72 ID:NKNt6Cu50
そもそも村上春樹は純文学じゃないだろ

海外小説の翻訳的な小説を書こうとしたわけで、海外に純文学という概念がない以上純文学とは言えないだろ
芥川も短編がノミネートだけされたんだっけ?結局とってないしな


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:54:06.78 ID:GbtsXy8U0
やれやれ、僕は射精した


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:56:29.85 ID:WxKNE5fA0
純文学なんてうんこじゃん


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 11:58:26.58 ID:PnKtFlYY0
さりげないようで全然さりげなくないセクロスこそ純文学のかほり


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:00:41.72 ID:w56rGXqW0
谷崎って純?


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:26:00.83 ID:sePEy8CpO
>>29
純だろ
セクロスしまくりだな


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:26:46.57 ID:WtU8lodr0
>>29
いや、潤


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:27:18.22 ID:/7APR6qM0
うめえwwww


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:01:00.75 ID:gGiUNY9z0
下手な官能小説より おっきする


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:01:34.83 ID:soD0sEKCO
ふぅ、僕は自慰に溺れた


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:17:25.07 ID:XW49FLwV0
おまいらはセクロス一回で人生観かわっちゃうだろ?
手っ取り早いイベントなんだよ



37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:28:18.34 ID:I7Pu/PZj0
ふかえりが天悟を襲い始めたときはさすがにおっきした


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:29:38.70 ID:fRv1tWQv0
洋ホラーは結構セックスするよね。大体死ぬけど。


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:32:10.63 ID:PnKtFlYY0
>>38
和ホラーもセクロスとかエロは多い
とくに土着系


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:35:16.60 ID:w+t/Deft0
安易にセックスを絡めてくる作家はボキャブラリーが乏しいのだと思う


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:36:34.62 ID:zNMqDnay0
なおみかわいいよなおみ


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:38:12.26 ID:lYm45pmVO
射精した


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:41:35.52 ID:Rlwb/VnFO
セックスは文学だから仕方ない


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:48:50.14 ID:2hEoUHnS0
エロ妄想力と創作能力は比例関係にある


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:43:08.18 ID:FALlRJrKO
作者のオナニー臭がしだすと嫌だね


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:46:09.51 ID:ZOR+KZVbO
剣客商売って前半は主人公も敵もその他大勢もやたらセックスしまくってるのに
後半はセックス描写全く無くなるんだよね


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:47:39.94 ID:zKrs8oo10
純文学でセックスの本番行為までするのって少なくないか?
性的なものを匂わすことは多いと思うけど。
まぁ、そのせいで読んでる時にはムラムラしてすぐオナニーしちゃうが。


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:51:34.91 ID:I2YxblqjO
>>53
お前…


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:48:02.62 ID:y8FIJkXV0
漱石作品はセックス一切ないけど
不倫はあるけど


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:49:35.39 ID:ayLnwxGrO
「こころ」の先生の奥さんに萌えたのは俺だけじゃないはず


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:50:24.27 ID:y8FIJkXV0
太宰の人間失格の「二匹の動物がいました」の意味がわからなかった学生時代
今読んでレイプシーンだったんだとやっとわかった



59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:50:40.74 ID:4KSGSpngO
なんかわかる
エンタメはやんわりと省く


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:51:14.58 ID:p3mvtm85O
富野の小説は突き進みすぎ


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:51:23.47 ID:zlikQGIqO
やれやれ僕はパスタに二度めの射精をした


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:51:35.23 ID:d3NCX/HJO
司馬遼太郎の「梟の城」で
犯された後にしゃがんだらおまんこから精液とろりんちょ
みたいな描写があった気がする
純文学じゃないけど



64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:52:10.91 ID:6f83NSW9O
トンネルを抜けると雪国だったのでやれやれ僕は不倫した


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:54:37.09 ID:Ode2UifC0
セクロスさせとけばいっか、みたいな作品はがっかりする
そんな描写なしでいい作品つくれないのかと



66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:56:33.33 ID:ZOR+KZVbO
作者も読者も一番関心を寄せてるものだからしょうがない


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:58:26.55 ID:IFX1H3Mo0
「小」説と謙遜していたものが
さらに俗な物が出てきたことでちょっと持ち上げられた
みたいな?
で、セクロスは低俗だとか本質だとか言いながら要はムッツリスケベだという


68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:59:10.47 ID:s42INuuVO
最近の芥川賞作品とか
ただのエロ小説としかwww


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 12:59:57.28 ID:4KSGSpngO
中島敦に死角はなかった


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 13:00:42.21 ID:Mfufbly60
日本文学は三角関係と自殺で出来ている


71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 13:02:22.01 ID:w+t/Deft0
片瀬那奈級の女がエロイ純文学を書けば必ず取れるだろ芥川賞


72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 13:02:23.06 ID:4boIAFVr0
三大欲求で至極自然なものだからねー

・僕はカツカレーを食べた
・僕は眠かったので布団にもぐりこんで寝た
・僕は知り合った女の子とセックスした

3つ目だけ特別視されるのはおかしいだろ
日常の一コマでしかないんだから
単なる情景描写に過ぎない



74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 13:07:22.38 ID:n4mmJgIiO
そもそもストーリーを楽しむもんじゃねーから


75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 13:59:18.38 ID:+AJQyjk10
結局みんなエロを求めるんだよ
ゲームでもアニメでも文学でも同じ



76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 14:40:21.82 ID:OEKILUnAO
そこで吾輩は猫であるですよ
純文学というよりありゃラノベだが


77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 15:36:25.91 ID:0TCCjZNh0
ラノベっていうよりギャグ小説


78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 15:37:47.56 ID:Z2GNvjXz0
春樹は純文学なのか
川端もそうな気が…


80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 15:38:44.50 ID:ShIWFKpkO
芸術絵画が乳首書いてるようなもの


81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 15:39:16.97 ID:DAKdRHr50
SF小説のセックスって幼女や少女とするの多くね


82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 15:39:47.98 ID:0TCCjZNh0
タイムトラベルでロリコンを正当化しようとする小説


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 15:43:11.09 ID:YlgeKs1Y0
>>82
正当化しようともしないロリータよりは・・・


83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 15:43:09.44 ID:Blf2q2DF0
逆に全くセックスしない純文学作家って誰だよ


85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 15:45:18.04 ID:0TCCjZNh0
>>83
内田百間とかほとんどなかったような


79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 15:38:43.73 ID:DMko86JaO
処女厨太宰治でも読んどけ
★新着記事
★トイストーリー1,2,3のブルーレイセッ
★これまでの注目記事
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング
★コメント
4736 2010/02/17(水) 22:57:24 ▼このコメントに返信
こういうの好きだな
4737 2010/02/17(水) 22:57:38 ▼このコメントに返信
すぐセックスするって言うのって、セックスの頻度とか描写とかじゃなくて
さほどセックスするほどの中でもないような相手てやすやすとしてしまうって意味じゃないの?
ほっとんど読んだことないけどあらすじ聞く限りヤリチンヤリマンカーニバル
4738 2010/02/17(水) 23:05:39 ▼このコメントに返信
恋愛の延長線上でセクロスが出て来るのなら、それは自然だと思う。
なぜなら、実際に恋人同士になって、セクロスしないやつはいないと思うから。
あと純文学は精神的なこと、内面的なことを描く場合が多いから、それらを描くためにセクロスが利用されることが多いのだと思われ。
4739 2010/02/17(水) 23:08:58 ▼このコメントに返信
またそんな言ってはならんことを…

まあ、性だけを特別視せずに日常としていると見ることもできるな

ぶっちゃけ、たいていの作家はエロシーン書いて喜んでるだけだと思う
連載ものだと編集から濡れ場入れましょうよとか言われることもありそうだが

とりあえずエロシーン入れて場を持たせようというのはなくもないはずではある
4740 2010/02/17(水) 23:09:18 ▼このコメントに返信
ラノベはお前らが何故か美少女達にモテモテだが
セックスだけは絶対にしない って感じだよな。

純文…リア充 ラノベ…それに憧れた童貞の妄想 ってイメージ
4741 2010/02/17(水) 23:18:04 ▼このコメントに返信
性とか暴力とか差別とか死とか、普段あんまり人が話そうとしないことを何のためらいもなくガンガン書いちゃうKYな人たちが芸術家だと思ってる、個人的には
4742 2010/02/17(水) 23:20:26 ▼このコメントに返信
純文学作家はこれに対して哲学的な返答しかしないんだろうな
4743 2010/02/17(水) 23:22:19 ▼このコメントに返信
セックスっていうのは文学に限らず音楽でも美術でも生きることの象徴として使いやすいからな
人の生死という普遍的なテーマを書くときにとても便利
4745 2010/02/17(水) 23:27:06 ▼このコメントに返信
セックスのときだけ描写が濃くなる作品は嫌だな、俺。
チンコ勃起ってる時しか哲学的な思考ができんのか? と主人公に言いたくなる。

4746 2010/02/17(水) 23:32:20 ▼このコメントに返信
ラノベでセクロス入ったらフランス書院とかになるじゃないか
4747 2010/02/17(水) 23:33:14 ▼このコメントに返信
家畜人ヤプーのことか
4748 2010/02/17(水) 23:36:48 ▼このコメントに返信
筒井康隆が書いた小説に、純文学の先生が小説を書くために女中を押し倒すってのがあったけど、
あれは皮肉が利いてて面白かった。
4749 2010/02/17(水) 23:38:26 ▼このコメントに返信
 文学に於いて食事とセックスを描写することが最も難しい。
 食べました、旨かったですと同じで舐めました、挿れました、イキましたじゃあ文学とは言わん。
 そこらの三文小説と文学作品を同列に語るな。
4750 2010/02/17(水) 23:42:01 ▼このコメントに返信
こういう純文学書く人ってどんな形であれセックスが美しいって思ってるんだろうね。
日常と思索を描写するにしては、オナニーと排便は省いてるし。
4751 2010/02/17(水) 23:43:43 ▼このコメントに返信
吉行淳之介の名前がないなんて…
4752 2010/02/17(水) 23:44:00 ▼このコメントに返信
所詮人間は性欲に支配されて生きる動物
美化すんな
4753 2010/02/17(水) 23:48:33 ▼このコメントに返信
文学のセックス描写は薬味みたいなもん。
入れすぎると持ち味を殺してしまうし、嫌いな人も居る。
薬味だけを食う奴は舌が馬鹿かと思われる。
4754 2010/02/17(水) 23:51:03 ▼このコメントに返信
一方詩人はセックスを風刺した。
4756 2010/02/17(水) 23:52:51 ▼このコメントに返信
科学の知識が無ければセックス以外に書くものがないのだろ

いかに普通のセックスを天国のセックスのように書くのかが腕の見せどころだな

文学ってのは誇大表現の競い合いだ
4757 2010/02/17(水) 23:53:10 ▼このコメントに返信
安部公房の砂の女は興奮したなー。
4758 2010/02/17(水) 23:53:15 ▼このコメントに返信
※4749
つまり官能小説最強ってことか
4759 2010/02/17(水) 23:54:32 ▼このコメントに返信
しかし、官能的な描写の無い小説もそれはそれで味気ないよね
4760 2010/02/17(水) 23:57:21 ▼このコメントに返信
※4756
>科学の知識が無ければセックス以外に書くものがないのだろ

安部公房とかは官能表現入れまくりだけどね
4762 2010/02/18(木) 00:00:57 ▼このコメントに返信
星新一の解放の時代みたいに挨拶がてらセックスしてるような小説はどう位置づけるべきかね?
4763 2010/02/18(木) 00:01:14 ▼このコメントに返信
純文学、ライトノベル、ジュブナイルの違いが説明出来ない
ターゲット層の問題だけかもしれんが
こういうジャンルも音楽みたいに細分化した方がいいんだろうか
4765 2010/02/18(木) 00:02:36 ▼このコメントに返信
やれやれ
4766 2010/02/18(木) 00:02:47 ▼このコメントに返信
>>4762
それ気になる
今度読んでみよう
4767 2010/02/18(木) 00:07:27 ▼このコメントに返信
春樹みたいな糞しか読んだことない奴が多いな
4768 2010/02/18(木) 00:11:56 ▼このコメントに返信
セックス描写は読者のほうで補完してくれるから結構何とかなる気がする。

オレ「そう・・旨いよ、愛子・・すごく・・・もうドルアーガの塔だよ・・」
時と共に激しさを増す愛子のディープダンジョンに、オレはエキサイトバイクしていた。
正直、いまだ子供の愛子では充分満足できるボンバーキングは得られないと思っていたのだが、
愛子の激しいディープダンジョンは思った以上のビックリマンワールド。
4769 2010/02/18(木) 00:14:09 ▼このコメントに返信
おいおい、フランス書院ディスってんじゃねぇぞwww
4770 2010/02/18(木) 00:14:54 ▼このコメントに返信
あー俺が漱石好きなのは童貞だからかもしれないと今気付いた
4772 2010/02/18(木) 00:51:38 ▼このコメントに返信
>純文学、ライトノベル、ジュブナイルの違いが説明出来ない

明確な違いは言えないが、やはり蛇にピアスとハルヒの間には明白な差異があるように思う
4774 2010/02/18(木) 01:31:01 ▼このコメントに返信
井伏鱒二は全然無くね?
妻が服をはだけて膝を見せた時ドキッとしちゃった
みたいなところしか浮かばん
4776 2010/02/18(木) 01:34:08 ▼このコメントに返信
エロは深いんだよ、エロは。
4777 2010/02/18(木) 01:37:05 ▼このコメントに返信
村上春樹は、作品とセックスについてインタビューで何か語っていたはず。
人間とは切っても切れないもの、みたいな。
あまり好きじゃなかったけど、ますます嫌いになったわw
4778 2010/02/18(木) 01:42:48 ▼このコメントに返信
ラノベでさえセックスシーンあったりするよな
時代小説は読んだ作品の中ではあるのが多かったけど、少ないんだね。

恩田陸は性描写見たことない。あれはラノベに近いが。
とりあえず女性作家の作品は不倫が異常に多い
4779 2010/02/18(木) 01:43:05 ▼このコメントに返信
生きてりゃセックスくらい当たり前のようにあるだろ。

・・・・あるはずだろう・・・・・!
4780 2010/02/18(木) 02:00:07 ▼このコメントに返信
何が純文学は日常を描いた作品だよ
俺の日常にセックスなんか一度も起こったことないのに
つまりセックスは非日常
4781 2010/02/18(木) 02:00:13 ▼このコメントに返信
最近じゃ重松清とかセックス描写や下描写すぐに出てくるね
しかもやけに生々しい
4782 2010/02/18(木) 02:00:42 ▼このコメントに返信
純文学に多いかどうかはともかく、お前らが好きなラノベにセックス描写が少ないのは、読者であるお前らのために嫁を傷つけないためかもなやれやれボクは射精した

マジレスすると、セックスは色々な意味で用いやすい儀式なんだろうな作家にとって。現実でも、日常にあるけれども特殊な体験でもあるわけだし、セックス=安易な手法とは言うのは間違ってる気がする

ありふれたものでもあるし、特別な場合もあるしね
4783 2010/02/18(木) 02:20:32 ▼このコメントに返信
初セックスは題材としてよく取り上げられるのに、
精通や初潮があまり出ないのは作家なんてやっぱり基本的にスケベだからだと思う。
4784 2010/02/18(木) 02:42:01 ▼このコメントに返信
セックスを書きたいんじゃなくて、セックスという行為を通じた登場人物の関係性の変化とか思考の変化が書きたいんだよ
そして男と女がいたときに、その二人がセックスをしたのかしていないのかだとかなり関係性に違いがでる
初潮なんかは「女」になったことのメタファーとして使われるけど、やっぱり初潮があったからと言ってその人の思想に影響を与えることはないだろ
4785 2010/02/18(木) 02:45:25 ▼このコメントに返信
※4763
これが普遍的な定義だと主張するつもりはないけど
「もし挿絵が一切ない状態でその物語を読んだ時、登場人物を実写で想像しても違和感ないのが『ジュブナイル』、漫画っぽいorアニメっぽい絵じゃないと違和感あるのが『ライトノベル』」って定義はどうだろうか
4786 2010/02/18(木) 03:36:49 ▼このコメントに返信
そもそも1があげてる人純文学か?
純文学そんなにセックスしてないぞ
いくら話し合ってもムダじゃないのか…けどスレ成り立ってる…これがセックスの力か
4787 2010/02/18(木) 03:44:44 ▼このコメントに返信
いかに純文学が読まれていないかがわかる。
純文学やってる奴は涙が出るなwww
4789 2010/02/18(木) 07:39:09 ▼このコメントに返信
日常言うんならセックスよりオナニー
純文学自体がセックスというよりオナニー
4790 2010/02/18(木) 07:52:28 ▼このコメントに返信
哲学では一見当たり前のこと深遠でなさそうなことから深遠なものを見つけ出すことが重要とされているらしい
そう考えれば、セックスだとか神話だとか生命だとかを取り扱う創作物はおしなべて底が浅いんじゃないだろうか
4791 2010/02/18(木) 07:57:56 ▼このコメントに返信
セックスと暴力はヒューマニズムの否定と肯定に使い易いから判らなくもない

ところで>>3ってなに?誰か教えてください
4793 2010/02/18(木) 09:01:32 ▼このコメントに返信
日常を描くのなら、セックスよりオナニーが描かれるべきだよなぁ。
でもオナニーが描かれてる純文学って殆ど無いよな。
4794 2010/02/18(木) 09:04:23 ▼このコメントに返信
セックスやオナニーを書くならそれと同じくらい具体的に
ストーリーと何の関係もないただの雑談みたいなどうでもいい会話も書けよ。
4795 2010/02/18(木) 09:36:39 ▼このコメントに返信
文章で生々しく書かれると吐き気がする
やっぱり安心して読めるのは賢治先生だけだな
4799 2010/02/18(木) 09:57:38 ▼このコメントに返信
うるせえよ。黙って山月記とか潮騒とか読めよカス。定義できるものじゃないから己の中でここからは純文学だと自分で決めるしかないが、ハルキが純文学とか基準が低すぎるだろ。
4800 2010/02/18(木) 10:07:17 ▼このコメントに返信
セックスに抵抗感のあるJKワナビがこういうことを書いて憂さ晴らしをしているのかと思うと勃起してしまいます!
4808 2010/02/18(木) 12:34:14 ▼このコメントに返信
欠陥民族が生み出したものに欠陥が無いわけないじゃないか
アホだなあ
4827 2010/02/18(木) 14:52:37 ▼このコメントに返信
なんだ、ラノベの方が健全じゃないか
4830 2010/02/18(木) 15:30:50 ▼このコメントに返信
好みじゃないのであまり読んでないし知らない
知らないから話に混ざれないし混ざらない
4833 2010/02/18(木) 15:50:00 ▼このコメントに返信
青年漫画でも第一話でセックスされると、読むのやめる
フリージアとかG戦場とか
4869 2010/02/18(木) 21:42:26 ▼このコメントに返信
※4758
 官能小説の表現は純文学ではない。
 あれは料理のレシピ本と同じ。
4892 2010/02/18(木) 23:09:54 ▼このコメントに返信
エログロを書くとリアリティが増すってのもある。
マンガもそうだよね
4900 2010/02/18(木) 23:51:08 ▼このコメントに返信
※4791
純、文、学を人の名前として読んだだけだよw
4914 2010/02/19(金) 07:45:05 ▼このコメントに返信
作者が男で主人公が男だからじゃん
4923 2010/02/19(金) 08:59:41 ▼このコメントに返信
>>4793
オナニーといえば「セブンティーン」大江健三郎
4934 2010/02/19(金) 12:30:04 ▼このコメントに返信
ジュンブンガクってのは要するにブランディングでしかないからな。
ブンガクより深い通俗娯楽はいくらでもあるし
実のないブンガクは本当に救いようがない。
ケレンを排してあるやつは、効くときは本当に効くんだが、
同じような攻め方を通俗娯楽でできないわけじゃない。
ただ商業的に成功しにくいから出版社に歓迎されないだけで。
5037 2010/02/20(土) 17:45:03 ▼このコメントに返信
昔の欧州の画家が神話画宗教画で合法的に女性の全裸を描いたのと似たような感じじゃないのか
それがオナニーであっても、面白かったり美しかったりして
他人がこれすごい素敵って感動出来れば全然おkだった時代もあったのだ

よく「芸術家は童貞だった奴が多い!」って息巻く奴がいるけど
愛情や性を題材にした芸術家だって星の数ほどいる事実には目を向けないのなって思っちゃうYO
5179 2010/02/21(日) 01:31:41 ▼このコメントに返信
人生においては実際はオネイニーの回数のほうが多いはず。
作家はもっとオネイニーについて追及すべき。
5214 2010/02/21(日) 11:33:31 ▼このコメントに返信
男女が一線を超えたことを手軽に描写できるのがセックス
5253 2010/02/21(日) 15:01:47 ▼このコメントに返信
村上春樹の本は、大人の絵本。
5401 2010/02/22(月) 15:04:45 ▼このコメントに返信
携帯小説とかとあんま変わらんのね
5413 2010/02/22(月) 16:42:30 ▼このコメントに返信
純文学のセックスは中華でいえばチャーハンなんだよ
そこだけで作者の力量がわかる
試しに書いてみ?
十中八九純文学じゃなくて三文小説になるから
5451 2010/02/22(月) 22:16:41 ▼このコメントに返信
純文学と現代美術のキモさは異常
5493 2010/02/23(火) 11:11:03 ▼このコメントに返信
俺は今さとった!
俺がキモいのは俺が生ける現代美術だったからだきっと
5610 2010/02/23(火) 21:53:39 ▼このコメントに返信
お前らセックスセックス言い過ぎ
どんだけセックス好きなんだよと言ってる俺もセックスセックス言いすぎ
5667 2010/02/24(水) 09:57:58 ▼このコメントに返信
>10
ちょっと待て、俺らの日常にセックスなんかないぞ。
5687 2010/02/24(水) 13:40:12 ▼このコメントに返信
お前ら春樹好きすぎだろうw
5814 2010/02/25(木) 15:14:29 ▼このコメントに返信
純朴なイメイジの強い、壷井栄もよくよく読むと随所にババァ的なエロ描写が。
6109 2010/02/27(土) 15:33:36 ▼このコメントに返信
文学=セックス=エロゲ
Fateは文学ってのもあながち間違いじゃなかったな
6170 2010/02/27(土) 22:50:44 ▼このコメントに返信
武者小路実篤はエロどころかキスさえなしだぞ。
片思いで終了ーーーーーーみたいなのが多いし。
6235 2010/02/28(日) 12:45:07 ▼このコメントに返信
美しければ、それでいい。
15851 2010/04/14(水) 18:15:59 ▼このコメントに返信
人間の生活に綺麗なものなどひとつもないのだよ
★コメントの投稿
投稿:

※「>>154」で本文、「※24」でコメント欄にポップアップ表示の安価ができます。
※確認画面はありません。一発で反映されるので内容をよくご確認下さい。
※スパム対策のため「http」を禁止ワードにしています。URLの書き込みは「ttp://~」でお願いします。
記事タイトル:『スポンサーサイト』
--/--/--
categories カテゴリ スポンサー広告

hatena はてブ | twitter つぶやかれ数 | commenticon (-) |
記事タイトル:『純文学ってすぐセックスするよな』
2010/02/17
categories カテゴリ 疑問・相談・議論

hatena はてブ | twitter つぶやかれ数 | comment (79) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。